2008年04月16日

老眼とは?

1日1回こちらをクリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!

【視力回復】14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

老眼とは?

老眼とは?

老眼は、主に40代以降の年齢になって次第に水晶体の調整力が弱まってくることによって遠くの焦点を合わせづらくなる老化現象である。調整力が弱まるのは、水晶体が硬くなることと調整する筋肉の機能が低下することによるというのが通説である。

レーシックを行うと老眼がひどくなるというのは、勘違いで、遠くに焦点が合うようにしたために気づいていなかった老眼が感じられるようになるということに過ぎない。しかし実際、近くが見え辛くなるのは確かなことであるため、事前にそのことを知っておく必要がある。

老眼の治療は、確立されているとは言えないが、調整機能を持った人工レンズ、メスやレーザーでの白目部分の切開、といった治療の可能性が言われている。しかし、現在のところ、安全性や有効性が確立されたとはいい難い。


メガネなしでもよく見えて目の疲れが取れ、1日3分で視力回復
世界各国で特許を取得した話題の「ピンホールアイマスク」
近視・乱視・老眼・疲れ目に効果的です。

【視力回復】14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye


レーシックは、レーザーで角膜の屈折を変えることによって、近視・遠視・乱視を治す視力回復手術です。
メガネ・コンタクトに代わる第3の選択肢として、世界で年間数百万人が治療を受けています。
手術時間は両眼で10分程度。
入院の必要はなく、翌日から良好な視界が得られます。
手術の翌々日からはお仕事も再開できます。


【視力回復】14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye

視力回復ネット

ラベル:視力回復 老眼
posted by 視力回復マスター at 00:00| 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。